パニアケースの鍵の部分、入手したものにはキーが付いていなくて、土台を回して開け閉めしていました。いつか鍵を作ってやろうと思いつつ、早半年。良く前を通る鍵屋さんに相談することにしました。

キーシリンダーまでバラバラになるので、鍵の山の形はわかります。問題は刺さる鍵があるかどうか。
その場で見つかるとは思っていなかったので、鍵屋さんに預けることに。待つこと10日程度で完成。結局、鍵穴に刺さる鍵が無くて、縦の溝まで加工したそうです。なので写真に映っている品番らしきものは参考にならないのでご注意を。

組み付けたらこんな感じ。これで安心のはず。振動で外れたりしないかな。


Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

CAPTCHA